×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

リスパダールの効能と離脱症状

リスパダールについて

リスパダールは、統合失調症の治療薬に用いられます。脳内には、ノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンの3つの神経伝達物質があり、それぞれ覚醒、快感、安定感と異なった働きをします。この3つの神経伝達物質の相互作用により、人間の性格形成や日常生活を送るうえでの行動や判断、思考といった重要な役割を果たします。しかし、この3つのバランスが崩れると幻覚、不安感、無気力といった症状が現れます。リスパダールはこのバランスを整え、統合失調症といった精神が不安定な症状に有効的です。

 

リスパダールの副作用として、眠気、反射運動能力の低下、注意力欠如といった症状があります。車の運転や機械の作業は危険なので、行わないようにしてください。稀に、重い副作用を引き起こすことがありますので、気になる症状がある場合はすぐに医師に相談してください。

 

リスパダールの使用上の注意として、アルコールやカフェインに反応し、作用が強まったり弱まったりします。薬や飲料水の飲み合わせには、注意してください。また、体重が増加しやすくなりますので、普段の食生活や生活習慣の改善を心がけてください。

 

リスパダール 薬を使わずに鬱病を克服する方法はこちら


メンズコスメ