×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

リスパダールの依存性について

リスパダールは統合失調症による幻聴や幻覚に効果を発揮してくれたり、うつ状態を軽減させてくれると言った働きがあります。基本的には陰性症状を軽減させ、陽性症状とのバランスを取ってくれると言った薬になりますが、リスパダールの副作用の一つに生理不順や乳汁の分泌などがあるため、女性が服用していく上で副作用に驚かされる事もあります。

 

ただ、リスパダールを服用していく中で、高ラクチン血症などになってしまうと必要以上に水を飲んでしまう事がありますので、こうした部分の変化にも注意しながら万が一副作用が強く出ているようであればお薬の変更を考えなくてはなりません。リスパダールは上記したように非常に効果の高いお薬となりますが、半減期が短いため、依存性もやや強いお薬だと言われています。

 

そのため特に統合失調症で服用を継続しているような場合自分で薬の管理が出来ないと、次から次にリスパダールを服用してしまい、重篤な副作用に悩まされるケースもあると言われています。ですから、リスパダールを服用していく上で、必ず注意しなければならない事として、服用量や服用する時間の感覚を守る事が大切になります。

 

体に対する依存性が高くなればなるほど、薬無しでは日常生活を送れないような状態となってしまいますので、薬に頼りきりになるのでは無く、自分の中でも少しずつ変化を加えていかなくてはなりません。また女性でリスパダールを服用し、副作用の生理不順や乳汁の分泌型、乳房の張りなどが酷い場合には、お薬を変更して貰う事が可能ですので、医師に相談するようにしてください。


メンズコスメ

リスパダールの効果と副作用